外見だけオシャレな人生なんて幸せとは言えない

コンパクトミラーを見ながら化粧をする女性

ファッションが好きでオシャレが楽しすぎると、ドツボにハマってしまう場合があります。

服屋に行く度に、今日は買わない!見るだけ!なんて心に決めていても、欲しいアイテムを見つけると、我慢出来なくてつい無理をして買ってしまう。そういう経験がある人も多いと思います。

もちろん僕もそうです。今は以前ほど酷くはないですが、昔は服屋に行く度に何かしらのアイテムを購入していました。

生活が苦しくなるのは分かっているのに、それよりも、服が欲しい!という気持ちが圧倒的に勝っていました。

現金がないときは、クレジットカードで買ったりしてたので、毎月の支払いで首が回らなくなったときもありました。

今考えると、恐ろしいことしてたなと…

その頃の経験や失敗があるから、今では欲しい服があっても、無理に買うことは滅多にしなくなりました。

というか、厳密に言うと、買い方が上手になりました。

欲しい服があっても、その服はすぐ飽きが来ないか、今シーズンだけしか着れない、似たような色や形の服を持ってる、探せば他にもっといいのあるかも、みたいに、様々な可能性を考察して、慎重に買うようにしています。

多少面倒ですが、普段からそういう癖をつけていれば、服選びで失敗することが極端に少なくなります。

コツとしては、買う方ではなく、買わない方に意識や考え方を持っていくこと。

それでも欲しい、この服は必要だと思ったのなら、買ってもいいでしょう。

でも無理はしないこと。

外見だけ輝いてる人生なんて虚しいだけですから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

誰にでも外見を気にする時がある

オシャレ目的で服を買う場合、自分以外の人に外見を良く見せたいという理由がほとんどだと思います。

学校や職場の人、友達や知人にオシャレだと思われたい。または、ダサいと思われないように最低限身だしなみを整えたり、異性にアピールしたり。

ファッションに興味がある、ないに限らず、誰でも異性とデートするときは服装を気にするものです。

僕の友人に、ファッションに興味がない男性が数人います。彼らの普段着はジャージやらそこらに売ってる適当なチェックのシャツだったり、履き物はサンダルだったりで、かなりルーズです。

服に必要以上にお金を掛けないし、毎日の服選びに迷うこともなく、ある意味効率の良い日々を過ごしています。

けど、そんな彼らも、女性とのデートや飲み会になると、彼らなりに頑張ってオシャレをします。

そんなときは、たまに頼まれて一緒に服を買いに行くんですが、彼らはファストファッションの価格帯ですら、「高い」「服にそこまで金掛けたくないよ」と、渋ります。

そんな時は、つくづく、人の価値観はそれぞれで面白いなと思います。

いや、むしろファッションに興味がない人は逆に羨ましくも思える時もあります。。

着る服なんてなんでも良い。ファッションに興味がない。オシャレなんて考えたこともない。 なんて人いますよね。 ファッションが好きな...

とまぁ、オシャレをすることは、相手に自分をアピールすることと言ってもいいでしょう。

過剰なオシャレアピールは好ましくありませんが、デートの時などは、あまりに変な格好をしていると、相手に失礼です。オシャレは、自分の為でもあり、相手の為でもあります。

ファッションは考え方、その時、その場所、様々な要素によって、在り方が変わってきます。

やはりファッションが大好きな人なら、それぞれのシーンに合うコーディネートを用意しておくと、より一層ファッションが楽しめますよね。

いつ、どんなときでも最適なコーディネートで輝いていたい。

ファッション好きなオシャレさんなら、誰しもがそう思っているはずです。

その為には、それ相応の数の服が必要になります。

いくつか服を買い揃えると、コーディネート幅が広がります。

その状態でフラッと服屋に立ち寄ると、この服は、前買ったあの服にとても良く合いそう。

てな具合に、どんどんオシャレが止まらなくなります。

これが危険なんですよね。

オシャレの為に人生を削るな

オシャレが楽しくなって、時間さえあれば服屋に立ち寄り、次から次へと服を買ってしまう。

買わないと決めている時に限って、自分好みの服と出会ってしまい、結局買ってしまう。

どんどんお金はなくなっていく。気づけば今月は大ピンチ。次のお給料までどうやって過ごすか…。クレジットカードも使いすぎちゃったし…。

そんな生活が続いている人が取る対策は、食費を削る、光熱費の極端な節約、なるべく友人と遊ぶ約束を入れない、睡眠時間を削ってのダブルワーク…

他にもありそうですが、まぁこんなところでしょうか。

で、これってどう思いますか?

いつもオシャレで身なりが美しい人が、こんな生活を送っているなんて、虚しいだけだと思いませんか?

何か夢を持っていて、その為の資金集めでの節約生活とかなら全然良いんですよ。むしろそれは素晴らしいことですし、輝いています。

でも、服(オシャレ)の為に、こんな不自由な生活を強いられてるなんて、はっきり言ってバカバカしいです。

こんな、輝いているのは外見だけで、内面が輝いていない人に憧れる人なんていないでしょう。

オシャレが故の貧乏…

個人的に、特に頂けないのが、「食費を削る」こと。

服を買いすぎてしまったので、食費を削って出費を減らす…

外食が多い方がそれを減らし、節約の為に料理を始めるのは全く問題ないし、むしろ良いことだと思います。

けど、服にお金を使いすぎてしまう人は、栄養バランスも何も考えてない、ただお腹に溜まれば良いという粗末で格安な料理に走りがちです。

もはや料理と言えるのかどうか危うい内容です。

まぁ服にお金を使いすぎて、満足な食材を買うお金が残っていないから必然とそうなるのでしょうけど…

この状況は本当にバカバカしい。

食生活の乱れは必ず体に現れます。

肌が荒れたり、自律神経が乱れたり、体調を崩しやすくなったり…

それらは外見や振るまいから分かります。その人自身の良さが霞んで、みすぼらしくもなります。

何も食生活だけが原因ではなく、人は何か悩みを抱えていると、表情や雰囲気に著しく現れます。特に、金銭面で苦労していると、老け込んだり。

そんな状態で、服を買い、外見だけオシャレになっても虚しいだけです。

パッと見は、オシャレで輝いている風に見られるかもしれません。

でも、実際はそのオシャレのせいで、不自由な生活を強いられてる。そのオシャレな格好で、もっと出掛けたりしたいのに、満足に遊びにも行けない。

行くところと言えば、またどこかの服屋…で、そこでまた自分の外見磨きのために無理に服を買ってしまう。これの繰り返し。表面上の身なりはまた素敵になるかもしれないけど、一層返済に終われる日々に。食事はカップ麺で節約。ガスと水道代を削るため、お風呂はシャワーだけ。

こんな生活、輝いていると言えるでしょうか?

ファッションとの向き合い方を見直して幸せな生活を

身なりだけ輝いていても虚しいだけです。内面も輝いて、健康的な日々を送って、初めて幸せで楽しい人生と言えるでしょう。

むしろ、外見より内面の健康の方が大事だと思います。

外見を気にしない人で、幸せな人はきっとたくさんいるでしょうし。

ファッションは、人生を輝かせるための1つの手段であり、目的ではありません。

オシャレをするだけでは、幸せになりません。

収入を過剰にオーバーして、無理をして洋服を購入し、不自由な生活を強いられてしまっている人は、ファッションとの向き合い方を見直すべきです。

それぞれに似合うファッションがあるように、それぞれの収入に見合ったファッション、それぞれのファッションとの向き合い方があります。

それら全てを引っくるめたものが、あなたのファッションです。

そして、人それぞれに幸せがあります。

他人と服装を比べたり、過剰にアピールをする必要はありません。

自分に合ったファッションとの付き合い方で、自分なりの幸せな人生を送りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする