ブランド品を持っている人は貧乏人?

日が暮れてきた銀座

ブランド品を持っている人は、お金がある人という見方をする人がいますが、僕はそうではないと思います。

むしろ、ブランド品なんて買っているから、お金がないと人だと。

もちろん、本当のお金持ちや富裕層の方は違います。

普段どんな仕事をしているのか、お金に対してどのような価値観を持っているのか、普段の生活面での行動パターンや思考パターン、振る舞い、言動、食生活…

お金持ちや成功者は、そうでない人と比べ、生きている世界が違います。物事の考え方や感じ方が真逆と言っても過言ではありません。

そういう人達って、雰囲気で分かります。お金持ちや成功者には、そういう方達が発している雰囲気があるし、そうでない人…聞こえが悪いですが、分かりやすく言うと、いわゆる貧乏人の方達からは、貧乏くさい雰囲気が、人間性に現れています。

もちろん、100%完璧に分かるってことではないですが、ある程度は分かるものです。

また、現時点ではお金持ちではないけれど、成功者になり得る可能性がある人の雰囲気ってのもあります。

本物のお金持ちが高価なハイブランドを身につけているのと、貧乏人が背伸びしてハイブランド品を身につけているのとでは、見栄えが随分違います。

やはり、お金がない人が頑張ってハイブランド品を身につけているのって、どこか無理してる雰囲気が滲み出てしまうんですよね。

本人達は、そのことに気づかずに、高価なブランドアイテムを身につけ、意気揚々と、まるでブランド品を見せびらかすかのように街を歩いているものだと思われます。

車だってそうですよね。フェラーリに乗っているからって、お金持ちだとは限りません。むしろ高級な車を買ってしまったが故にお金がないなんて可能性は十分にあり得ます。

ファッションでは、こういった事象がざらにあります。もはやこれは、ファッション界の自然現象と言えるかも知れませんね。

無理して高価なファッションアイテムに身を包む。その結果、より貧乏になる。

こんなの虚しいだけです。全然賢くない。むしろ愚かです。

ハイブランド品を持っているからと言って、必ずしもお金持ちだとは限りません。無理に働いて、無理に食費や生活費を削って、やっとの思いで購入に至っている可能性は十分に考えられます。

そういう無理してる人って、表情や雰囲気、ひいては人間性に顕著に現れます。

ハイブランドに憧れる気持ち分かります。けど、それを手に入れる為に無理をするのは賢明ではありません。むしろ愚かだと思います。

ハイブランド品を購入したかったら、それに似合う収入を得られるようになってからが望ましいです。そうでないならブランド品は諦めましょう。

ブランド品を手にしたかったら、無理に働いたり生活費を削るのではなく、まずはその労力を、安定した高水準の収入を得られる基盤づくりの労力にまわすべきです。

オシャレ貧乏なんてなんの価値もないのですから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ブランド品を買ってもお金に余裕がある人はお金持ち

冒頭でも言いましたが、ハイブランド品を持っているからと言って、お金がある訳ではありません。むしろ、ハイブランド品を買ってしまったが故に、お金がないなんて人はざらに存在します。

なので、ハイブランド品を持っている人を見て、安易に「あの人お金あるんだなぁ…」なんて思わないことです。

最悪、カードで借金したり、分割払いで購入し、月々の返済に苦しんでいる場合もあります。自分で購入したのではなく、誰かにプレゼントして貰った可能性もあります。

また、正規のショップで新品で購入したのではなく、中古品を安く手に入れた可能性も大いにあります。本当の最悪は偽○の可能性も…。

なので、「ブランド品を所持している=お金持ち」なんて公式は成り立たないです。

むしろ、それらを手にする為に無理をしている人は、苦労が人間性に滲み出ます。

オシャレって、生きてく上で必ずしも重要なモノではありません。そんなモノで生活が厳しくなり、苦しい思いをするなら、捨ててしまっても良いと思います。

オシャレが好きで、それが生きがいって人も確かにいます。けど、そんな人でも、やっぱファッションに必要以上にお金を掛けすぎると、不幸になります。

生きがいのはずのファッションで不幸になる…

実際に僕が昔経験したことがあるので、これは確かです。

その時は楽しいです。けど、もっと他のことにお金や時間を使えばよかったと、今では後悔しています。

それは、もっと旅行に行ったり色々なところに出かければ良かったとか、バイクを買えば良かったとか、美味しいものいっぱい食べれば良かったとか、そんなことではありません。

そうではなく、もっと習い事をすれば良かったとか…将来のスキルアップの為にお金と時間を費やすべきだったと。しいては、今の自分の収入アップに繋がることにお金を掛けるべきだったなと。

そうすれば、今現在、もっともっと服にお金を掛けられて、無理して苦しい思いをせずに、ファッションを楽しんでいられたかも知れないな…と。

まぁ若い頃にはそれが分からないんですよね。目先のことしか考えれない。目先のオシャレのことしか頭にない。

「○○さんっていつも高そうな服ばかり着てオシャレだよね。よくそんなお金あるね。羨ましい〜!」

なんて何度も言われれ来ました。そう言われる度に、優越感にも浸れました。

でも、実際は高い服ばかり買っていて、生活はキツキツだったんだぜ…。

しかもカードで買ってたから、月々の支払いが本当にしんどかったです。自分自身、日々笑顔が曇っていくのを実感していました。

オシャレ貧乏にはなんの価値も魅力もないです。それは、僕が身を持って実感した確かなこと。

ファッションが好きだからって、収入にそぐわない無理のある服の買い方はやめましょう。それより、将来のスキルアップの為にお金や時間を投資するべきです。

オシャレを堪能するのはそれからでも遅くないです。

確かに、若いときにしか着れない服装ってのもあります。けど、本当のお金持ちにしか着れない服装があるのも事実。

後者は、いくつになってからでも楽しめます。それは、限られた人にしか体験出来ないファッションの楽しみ方。

高価なファッションブランドで心からオシャレを楽しみたいのなら、服を買うお金を稼ぐのではなく、お金を稼げるようになる為に、お金や時間を投資しましょう。まずはそこから。

服を買ってお金がない状態はただの害悪でしかありませんよ。服を買ってもお金に余裕がある状態が好ましいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする