ファッション論一覧

相手のファッションにアドバイスする前に知っておく事

相手のファッションに対してアドバイスする際は、頭ごなしに間違いを指摘してはいけません。優しく、相手に対し敬意を持って、ファッションを提案しましょう。相手がファッションに対し無関心な場合は、そもそもアドバイスなんて望んでいないので、何も言わずにそっとしておくのがベターです。自分の価値観を押し付けないよう注意しましょう。

自分のファッションセンスを一度は疑ってみるのもいいかも

オシャレに自信がある人でも、一度は自分のセンスを疑ってみるといいかも知れません。何事も、他人の意見に耳を傾けることにより、自分の過ちに気づかされる面も少なくありません。オシャレだと思っていたのは自分だけだった・・なんてことにならないように、柔軟な姿勢で、人の意見を参考にしましょう。

自分に似合う服を着るのが結局一番オシャレ

オシャレをするにあたって、流行という概念は無視し難いものです。しかし、流行に囚われて過ぎても、自分を見失ってしまうだけです。自分の個性を輝かせるためにも、流行に縛られず、色々なファッションにチャレンジし、自分に合う服を探しましょう。周りに合わせたファッションなんて、なんの価値もないです。

着る服が決まらないのは人目を気にしているのが原因!解決策は?

その日に着る服がなかなか決まらなくてイライラすることってありますよね。それは、人目を気にしているから。他人にどう思われようと関係なければ、着る服を「考える」ことはあっても「悩む」ことはありません。他人の目を意識した服選びは不自由なものです。

【仕事着】スーツ勤務派の考えに対する私服勤務派の意見

スーツ姿で働きたいと思っている人は多い。そこで、僕の身の回りにいるスーツ勤務派の人達に、なぜスーツ勤務を望むのかをリサーチし、それに対する私服勤務派の僕の意見を書き出しました。人生において仕事は付き物。普段着だけでなく、仕事着にも着目し、自分に合ったワークスタイルを選択した方が、より良い人生を歩める。そんな気がします。

男性のスーツ姿はかっこいいけどつまらない

スーツ姿がビシッとキマっている男性はかっこいいと思うし、憧れる。けど、それが自分に合うスタイルかと言われれば、そうではない。僕の様に、ファッションが好きで尚且つスーツ姿があまり様にならない人は、スーツ姿が退屈に思えて仕方ないと思います。やはり人はそれぞれ自分に合うライフスタイルで不自由なく生きていくのが望ましいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告