心構え一覧

なぜ「あなた」が着ている「服」が褒められてるのに喜ぶのか

他人から服装を褒められて、安易に喜んでいませんか?相手は、あなたのセンスではなく、単に服のデザイン自体を褒めているだけに過ぎない可能性もあります。服装を褒められて、単純に喜ぶのは浅はかだと言えます。勘違いしないように注意しましょう。

相手のファッションにアドバイスする前に知っておく事

相手のファッションに対してアドバイスする際は、頭ごなしに間違いを指摘してはいけません。優しく、相手に対し敬意を持って、ファッションを提案しましょう。相手がファッションに対し無関心な場合は、そもそもアドバイスなんて望んでいないので、何も言わずにそっとしておくのがベターです。自分の価値観を押し付けないよう注意しましょう。

自分のファッションセンスを一度は疑ってみるのもいいかも

オシャレに自信がある人でも、一度は自分のセンスを疑ってみるといいかも知れません。何事も、他人の意見に耳を傾けることにより、自分の過ちに気づかされる面も少なくありません。オシャレだと思っていたのは自分だけだった・・なんてことにならないように、柔軟な姿勢で、人の意見を参考にしましょう。

自分に似合う服を着るのが結局一番オシャレ

オシャレをするにあたって、流行という概念は無視し難いものです。しかし、流行に囚われて過ぎても、自分を見失ってしまうだけです。自分の個性を輝かせるためにも、流行に縛られず、色々なファッションにチャレンジし、自分に合う服を探しましょう。周りに合わせたファッションなんて、なんの価値もないです。

着る服が決まらないのは人目を気にしているのが原因!解決策は?

その日に着る服がなかなか決まらなくてイライラすることってありますよね。それは、人目を気にしているから。他人にどう思われようと関係なければ、着る服を「考える」ことはあっても「悩む」ことはありません。他人の目を意識した服選びは不自由なものです。

オシャレなだけの人には何の魅力もない!明確な目的を持った服選びを!

あなたはファッションで何をアピールしていますか?ファッションは、オシャレをすることで自信に繋がり、結果として、自分の内面をアピールするものだと思います。あなたは着ている服をアピールしていませんか?そこには何の意味もありません。ただ着ている服がオシャレなだけでは虚しいだけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告