頑張ってもオシャレになれない人は努力の方向性を間違えているのかも

頬に手を当ててる女性

何事も、その道のプロフェッショナルになるためには、たゆまぬ努力が必要だ。

ファッションだってそう。生まれつきセンスを持ちあわせている人も、そうでない人も、それぞれ知識を身に着け、コーディネートを試行錯誤し、やっとの思いで、一人前のオシャレさんになる。

それまでのプロセスを、辛いと思うかどうかは人によるけど、みんなそれぞれ、それ相応のお金や時間を費やしている。心からファッションが好きだから、これを「努力」とは思わない人もいるだろうけど、ここではその結果までのプロセスを「努力」と統一して話を進める。

オシャレになって輝きたい。他人に褒められたい。気に入られたい。モテたい。そう思って何かしらの努力をしている人は、世の中にたくさんいると思う。

何か目標意識を持って、そのことに突き進む姿勢は立派だ。その時点で、その人は十分輝いていると言っても過言ではない。でも、努力する方向を間違えてしまっている場合、そうとは言い切れない。むしろ、逆効果になりかねない。

もし、あなたがオシャレになりたいと思って努力しているのに、いまいち進歩が見られない場合、努力する方向性を間違えてしまっているのかも知れない。

もしそうなら、その間違いを改め、努力の正しい方向性を身に付け、輝かしい人生を送れるように努めることを勧めたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オシャレのベースとなるのは自分だということを知る

あなたが他人から「オシャレ」と思われたいのは、あなたが着ている「服装」のこと?それが目的?もしそうであれば、この記事の内容は、あなたには酷く退屈なものなので、このページを閉じることを勧める。

そうではなく、あなたが「オシャレ」と思われたいのは、「あなた自身」のことであるのなら、ぜひ一度この記事を読んでいただきたい。

まず、大前提として、オシャレのベースとなるのは、服装や髪型やメイクではなく、あたな自身ということを知る。これが大事。

ベースとなるあたな自身が輝いていないと、どんなにオシャレな服装、髪型、メイクで飾っても、それは到底オシャレとは言えないものだと思う。

ただ着ている「服」がオシャレなだけ。いや、最悪の場合、オシャレな服すらも霞んで見えてしまう。これでは、なんのために服にお金を掛けているのかがわからなくなる。この場合、もはやオシャレのことなんか考えないで暮らした方が幸せになれるのではないだろうか。

こうならない為にも、やはり正しい努力の方向性が必要であると僕は言いたい。

楽してオシャレにはなり得ない

さて、今回のテーマである、オシャレになるための「間違った努力」とは一体なんなのか。

それはずばり『楽してオシャレになろうとすること』である。

楽してオシャレになろうとする努力・・楽なのに努力?なんて思う人もいるだろうけど、何もおかしな事は言っていない。確かに、人一倍正しい努力をしてきた人達からすれば、楽な道ばかり選択するのは、ただ逃げているようにしか見えない。でも、楽な道ばかり選択する甘ちゃん達からすれば、どんなに簡単で単純なことでも、自分は努力しているって思ってしまうもの。

肥満だけど普段ダイエットしない人が、気まぐれで1週間大好きなおやつを我慢して食べずに過ごしただけで、物凄いやりきった感出して自慢してくるような・・そんな感じの人。

普段部屋の掃除をしない人が、「俺、その気になったら一気に片付けるんだよね。」なんて言ってる自称やるときはやるタイプの人とか。

これのどこが凄いのか、僕にはわからない。努力の欠片も見えない。でも、こういう人達からすれば、そのときの思いつきの行動が「努力」と感じてしまっているわけだ。一歩も前進なんかしていないのに、自分が成長したような・・そんな気分に浸っているのだろう。

それはそれである意味では幸せなことなんだけど、やはりこの思考は良くない。

要は、努力じゃないことを努力と思い込んでしまっていることに問題がある。

本題のファッションでいうと、やはり「体型」のことを例にせざるを得ない。

その極端な体型を売りにしていて、成功していたり、自分自身が心から納得しているのであれば何も問題はない。むしろそれは輝いていると言える。

でもそうではない人は、自分自身を見つめ直して、理想の体型に近づける努力をするべきだ。そうしなければ、あなたは永久に人からオシャレと思われることはない。

それは努力じゃない

オシャレのベースはあなた自身。土台がしっかりしてないと、全てが崩れる。それなのに、なぜその土台を無視して、服ばかり買い漁るのだろうか。なぜ月に何回も美容室に行くのだろうか。なぜメイクに余念がないのだろうか。

あなたがまず努力しなければならないところはそこじゃないはず。いや、むしろそれは努力とは呼べない。

あなたが着たいのは自分の体型をカバー(隠せる)する服なのか。自分が憧れる服を綺麗に着こなせるようになりたくはないのか。ここをよく考えてみて欲しい。

スリムになりたいのであれば、生活習慣を見直す。外食ばかりであれば、それを減らして自分で料理をするようにしてバランスの摂れた食事を心掛ける。もし料理が苦手なのであれば、勉強する。運動不足であれば、ジョギングを日課にしたり、ジムに通うのも良い。男性の方で、ガリガリな体型がコンプレックスの場合、ウェイトアップするためにプロテインを飲んでトレーニングするとか。

綺麗になるため、またはそれを維持するためには、それ相応の努力が必要不可欠。この努力を怠って、いくら服や髪型やメイクにお金や時間を使って力を入れようとも、オシャレになれるはずがない。そんな甘い考えの人に憧れる人もいるはずがない。

ファッションに興味がなかったり、今の自分に満足しているのであれば他人にとやかく言われる筋合いはないし、そのまま自分の人生を満喫すればいいと思う。

でも、満足していないで、さらに努力を怠るような甘い考えの人は、他人にとやかく言われる必要がある。

人によっては、努力することは、そう簡単なものではないかもしれない。でも、たった一度きりの人生、自分の可能性に賭けてみていいと思う。

自分には無理・・そう思わず、とにかく夢中になってチャレンジしてみる。もし、理想の自分に近づけなかったとしても、努力を怠らないあなたは人一倍輝いてみえるはず。そんなあなたに憧れる人もきっといる。

本気で努力して何も得られないなんてことはあり得ない。目に見える外見的なものか、目に見えない内面的なもの。そのどちらかは必ず得られる。

あなたも何も恐れず、オシャレになるための自分を磨く努力を初めてみては如何だろうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする