ファッションを趣味にすれば女性からモテる?モテるために必要な話題作りとは?

満面の笑みでコーヒーを飲む彼女

何かのテーマについて、人一倍知識がある人って、なんだか格好良いですよね。

車やバイク、釣りやスポーツ、お酒、音楽、漫画やアニメ、小説…

ジャンルやテーマは問いません。何か1つの事に対して深い知識があり、延々と語れると、なんだか賢く見えます。

それが、話し相手の興味のある事柄だった場合は、必然と会話に花が咲き、盛り上がること間違いなしです。

お互いの距離も縮まり、親近感も湧くことでしょう。

例えば、バイクが趣味の人通しなら、車種やパーツの事で盛り上がり、親しくなる。で、そのまま更に距離が縮まって、一緒にツーリングに行くことになったり。

映画が趣味なら、一緒に観に行くことになるかも知れません。読書が趣味なら、お互い本を貸し借りする仲になったり。

ギャンブルが好きなら、一緒に朝イチからパチンコ屋に並んだり。

まぁ世間一般で言うと、ギャンブルはあまり良いイメージがありませんが、お互いがギャンブル好きなら、立派なコミュニケーションツールになり得ます。

この様に、お互いの趣味・思考が一致すれば、人は飛躍的に仲良くなりやすいです。

逆に、いくら自分の得意な分野を語り尽くしても、その事柄に対して、相手に興味がなければ、仲良くなるどこか、むしろ煙たがれて、嫌われる可能性もあります。

聞き上手な人は、相手の趣味に対して興味がない場合でも、興味があるフリをして、会話を続かせることが出来ます。

しかし、これはかなり神経を使う場合が多く、相手に嫌気が差し、結果として、相手のことを嫌いになるケースがほとんどです。

こういう聞き上手な人も世の中には存在するので、自分の趣味の話ばかりするのは、注意が必要です。

相手が自分の趣味に対して興味があるようで、実は全く興味がなく、ただ話を聞いてくれてるだけなんてことは多々あることだと思います。

洞察力があれば、相手が合わせて話を聞いてくれているのか簡単に見極めることが出来ますが、鈍感な人は、そこのところを見極められません。

なので、自分の趣味の話をして、結果煙たがれておしまい。

やはり人は、ある程度、趣味・思考が一致しなければ、仲良くなることは難しいと思います。

お互いの価値観が合わないと判断がついたのなら、その人とは必要以上に仲良くしようとすることはありません。ハッキリ言って、どんなに時間を掛けても、心から分かち合うことは出来ないので、距離を縮めようとするだけ無駄です。

人は、お互いの趣味・思考、価値観が合わなければ仲良くなれない。

なんだかネガティブな気持ちになりますが、その必要はありません。

逆に考えると、趣味・思考や、物事の価値観が合う人となら、飛躍的に距離を縮めることが出来るからです。

これは、恋愛でも同じことが言えます。

男性目線の場合、気になる女性が、自分と同じか、あるいは似たような価値観の持ち主だとしたら、これは大チャンスです。

会話のきっかけさえ掴んでしまえば、距離が縮まるのに、時間はそう掛かりません。

でも、ここで1つ問題があります。

それは、基本的に男性の趣味と女性の趣味は、一致しないことが多いということです。

男性は、車やバイク、スポーツ、政治、ここら辺の知識が深い人が多いです。

一方女性は、美容や健康、ファッション、ネイル、占いなどに興味がある人が多いです。

愚問ですが、政治に対して強い関心がある女性もいるように、もちろん例外もあります。

あくまでも、基本的には、です。

以上の点を踏まえた上で、女性にモテるために必要な会話テクニックの学び方を紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

モテる男性は話題作りが上手!?女性の趣味に対して知識を深めよう!

女性にモテるためには、顔や服装などの外見的要素が重要と思っている男性の方も多いでしょう。

もちろん、外見が良ければ、恋愛は有利に進みます。

しかし、外見だけではダメです。いや、外見が良ければモテますが、外見だけを見て寄ってくる女なんて、ハッキリ言って大した人はいません。むしろ、何かしら癖のある、厄介な女ばかりです。

いくらそんな女に好かれようが、なんのステータスにもならないし、返って男としての価値が下がります。

ちゃんとした女性…と言ったら失礼かもしれませんが、魅力的な女性は、しっかり男性の中身も見ます。そこを加味した上で、好意を持ったりします。

その中身の1つが「会話」です。

いくらスタイルの良いイケメンたとしても、ナルシストで会話も面白くない男はモテません。

それよりも、多少外見が悪くても、優しくて会話が面白い男性の方が確実にモテます。

女性にモテる為には、会話が上手である必要があります。

その「会話」とは、単純にギャグセンスが高くて面白いという点も挙げられますが、それよりも、話題が女性に興味のあるものかどうかの方が大事です。

女性が興味のある話題の引き出しが広ければ広いほど、確実にモテます。

特に女性は男性に比べ、会話が好きな生き物です。

相手の男性が、自分が興味を引かれる話題で会話を盛り上げてくれると、その人に対して興味を持ち、気付いたら恋に落ちている…なんてケースは、決して珍しいことではありません。

女性にモテる為には、女性の興味を引く話題を持つことが大事です。

なので、外見ばかり磨きを掛けるのではなく、むしろ女性が好きな話題をインプットすることに注力するべきなんです。

ここが、モテる男性とモテない男性の差が生まれる1つの要因ですね。

車やバイク、スポーツよりも、美容やファッションを趣味にしろ!

あくまで女性にモテたい男性限定の話ですがね。

やはり、いわゆる男っぽい趣味の話題ばかりでは、女性にモテるのは困難です。

女性にモテる話題を提供するには、女性が好む事柄を趣味にし、知識を深めるといいでしょう。

お勧めなのが、当ブログのテーマである「ファッション」ですね。

美容とか健康をテーマにした話題もとても効果的なんですが、なかなかそこに興味を持てる男性は少ないと思うので…。

でも、ファッションなら、男性が好きでも何の違和感もないし、ファッションに対する知識が身に付き、オシャレになり外見が良くなれば、女性にモテる要素が増え、一石二鳥ですしね。

ファッションの話題が好きな女性はたくさんいます。可愛かったりキレイな子で、ファッションに興味がないって子とは出会ったことがないかも…?

可愛い彼女をゲットしたかったら、とりあえずファッションを趣味にしとけ!って感じですね。

ファッションの知識の付け方は色々ある。手っ取り早くてお勧めなのがアパレル関連の仕事をすること。

元々ファッションが趣味であったり、少し触れてみたらファッションが趣味になるような人でも、なかなかファッションに対して幅広い知識を得ることは難しいかも知れません。

ファッションを趣味にしようとしても、あまり興味が持てないから全然知識が入ってこないという人もいるでしょう。

いずれにせよ、ファッションの知識を深めるためには、行動しなければなりません。

身近にあるものですぐに知識を得られる方法が、あなたが今眺めているスマホかPCなどで情報を得る方法です。

ファッション関連のサイトやアプリで、トレンド情報を調べるだけでも、女性との会話に使えるネタが増える可能性は十分あります。

また、ZOZOTOWNなどの大手ファッション通販サイトを見て、有名なブランド名と系統を眺めるだけでも、何も知らないより、ファッションの知識は大分広がります。

しかし、深い知識とは、一朝一夕で身に付くものではありません。

やはり、ファッションに対する相応の知識を得るためには、アパレル関連の仕事に携わるのが1番確実です。

嫌でも自然に知識が入って来ますからね。

僕自身、現在ファッション関連の仕事をしています。

元々ファッションが大好きなので、ファッション関連の仕事に就きましたが、入社する前とした後とでは、ファッションに対する知識に大幅な差が生じました。

実際僕の職場に、20代後半で、ファッションに全く興味のない男性がいるんですが、ファッションに関する知識は職場でトップクラスって人もいます。

やはり仕事なので、嫌でも情報が身に付くんですよね。

普段冴えない服装でも、ファッションに詳しかったら、それはそれで、ギャップがあって面白いですよね。

ファッションに対して深い知識を得たいのなら、アパレル関連の仕事に就く!これが何よりの近道かも知れませんね。

まとめ

ファッションに対しての話題の引き出しが広がると、女性との会話がスムーズになります。

例えば

男性「その服オシャレだね。どこの服?」

女性「ありがとう。○○ってとこのブランドだよ…って、男の人には分からないよね。」

男性「いや、知ってるよ。あそこ大人っぽい系統の服ばかり売ってて結構値段もするよね。モデルさんとかもよく着てるよね?」

女性「そうそう!知ってるんだ!?憧れてるモデルさんが愛用してるブランドでさ…!」

みたいな感じに、楽しく話が広がります。

コツとしては、相手に話させるようにすることですね。なので、女性ものばかり扱っているブランドの知識が深かったら、かなり強みになります。

自分が好きなことに対して話が盛り上がると、人は高揚感を得られます。

その気持ちの高ぶりが、恋愛に発展するものです。

モテる男になりたければ、ファッションを趣味にする。

ファッションは、会話テクニックの1つとして、身に付けておいて損のない知識です。

元からファッションが趣味の人は、より深い知識を得るよう努めても損はないことでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする