いつでも完璧にオシャレをしている人は心が満たされていないのかも

うつろげな表情で座り込む若い女性

完璧なオシャレなんてものは世の中に存在しないと思います。

ファッションのセンスや好みは人それぞれなので、もし完璧なオシャレというものがあれば、それは個人の主観的な感性によるものとなるでしょう。

なので、ここでいう完璧なオシャレとは、その人自身が満足の行く装いのことを指します。

いつ、どんな時でも、完璧にオシャレにキメる人っていらっしゃいますよね。

地元の友達とちょこっとお出掛けする時や、職場、彼氏・彼女とのデートなどなど…

センスの度合いは違えど、いつ、どんな時でも、本人が思う最高のオシャレをする人。

オシャレな服装をすると、自分に自信が付き、気持ちがアクティブになります。

そのアクティブな気持ちが糧になり、輝かしい1日を過ごせるなんてこともあるので、オシャレな服装で1日を過ごすことは、決して悪いことではありません。

しかし、いつ、どんな時でも完璧なオシャレをする人は、普段の生活で心が満たされていない可能性が高いです。

あなたの周りでどんな時でもオシャレにキメている人がいたら、その人は輝かしい装いとは裏腹の生活を送っているのかも知れませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オシャレは自信のなさの現れでもある

毎日のように完璧なオシャレをしている人は、過度にオシャレをしているとでも言いましょうか…

そんな過度にオシャレをする人は、自分の外見や内面に自信がない人かも知れません。

ブランドアピールをする人が分かりやすい例です。

自分という人間に自信がないので、持っているアイテムを魅せて周囲の好感を得ようとする。

別に、ハイブランドではないファッションにも、こういった思考は当てはまります。

自分に自信がないので、オシャレなファッションで自分を魅せようとする。

分かりやすく言うと、オシャレをしていないと、自信が持てなくて人前に出たくないという心理が働いているということ。

「自分に自信を付けるための服選び…」

その考え事態は何も悪くないし、むしろ素晴らしいことですが、それなしでは全く自信を持てないというのは宜しくない。

自分が認められていないという虚無感

自分に自信がない人は、自分自身が誰からも認められていない虚無感に襲われていると言っていいでしょう。

心から信頼し合える友人や恋人がいない…また、心から安堵出来る居場所がない…

そう思っている人が、まるで現実逃避するかのように、オシャレを選択する場合があります。

これは、オシャレに逃げていると言っても過言ではありません。

ではなぜ、オシャレに逃げるのか?それは至極単純なこと。

そういった自信がない人が、たまたまオシャレに興味がある、あるいはオシャレが得意だからです。

これがゲームならゲーム、アニメなどの二次元なら二次元に、アイドルの追っかけが趣味ならアイドルに逃げます。

もちろん、全ての人が、今挙げた例を「逃げ場」としている訳ではありません。

けど、それらを「逃げ場」としている人が一定数いるのが事実。

言わば今回は、ファッションを「逃げ場」としている人の話。

自分が誰からも認められていないから、オシャレへ逃げる。

こういう人は、いくら他人から「オシャレだね」と言われようが、心が満たされることはありません。

他人から褒められて、その場は嬉しいでしょう。しかし、その褒め言葉で心が満たされることは決してありません。

一時の優越感に浸りは出来るものの、1人になれば、すぐにその気持ちは冷めるでしょう。

気持ちに余裕のあるファッション生活

一方、普段の生活で信頼し合える人、自分を認めてくれる人がいるという自信があり、気持ちが満たされている人は、自分の弱い部分を惜しげなく周囲に見せます。

厳密に言うと、他人にどう思われようが気にしません。自分の素敵な部分を知っていて、認めてくれる人がいるから。

その人の前でだけ、完璧なオシャレをすれば、気持ちが満たされます。その人にだけ、「オシャレだね」と言われれば、気持ちが満たされます。

なので、ファッションやヘアスタイルがキマッていなくても、最低限の身だしなみが整っているのであれば、堂々とどこへでも出掛けられます。ファッションが大好きなのに、時折ラフな格好でも自信満々に輝かしい日々を過ごしている人は、自分を認めてくれる人の存在がいるという可能性が非常に高いです。

こういう人生を歩める人は、本当に幸せだと言えるでしょう。

常にオシャレなのは、自己顕示欲の現れと言えるかも知れません。

オシャレは自分の人生を輝かせるための手段としては素晴らしいことです。

けど、オシャレを「逃げ場」にするのは決して良いことではありません。

オシャレで自分の人間性をアピールしようとせず、オシャレをして自信が付いた自分の内面をアピールし、広く余裕のある気持ちで人と接し、信頼し合える人と巡り会うよう心掛けましょう。

人から認めて貰うことばかり考える前に、まずは素直に人を認める。その姿勢が大事かも知れませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする