服装や髪型が人に与える印象は思っているより大きい

彼氏ができて幸せそうな女性

ファッションは自由だ。それぞれに好きな服があるし、誰がどんな服を着ようと、他人がとやかく口出しをするものではない。

センスというものは無視し難いし、あまりにも痛々しい勘違いファッションを選択している人に対しては、優しく意見を差し伸べた方が良いかもしれないけど、まぁ基本的には、誰が何を着ようが、本人の勝手です。

ただ、ファッションが相手に与える印象について無視が出来ない面があるのも事実。

他人にどう思われようが全く気にしない、自分の為だけの服選びを貫いているのであれば、何も問題はない。

けど、相手に対して、少しでも何かアプローチしたい場合は、やはりファッションの力を借りるのが効率的です。

というか、その人の第一印象は、見た目で決まる要素が大きいです。そして、ある程度仲良くなるまでは、その第一印象をなかなか拭うことが出来ません。相手に自分のことを理解して貰うまでは、服装等の「見た目」で人間性を判断されてしまいがちです。

ここが人間社会のいらない要素ですよね。いらぬ先入観ですよ。

確かに、服装で、ある程度相手の人間性は判断出来るかもしれませんが、あくまで判断材料の1つに過ぎません。にもかかわらず、服装等の見た目で、相手の人間性を決めつけてしまう人も大勢います。年齢を重ねた人ほど、そう言った傾向の人が多い気がします。

こういった考えの人が多い世の中ですので、やはり、見た目の印象というものは、無視出来ない場面も多々あります。

なので、見た目で損をしないように、要所要所で、そのときの場面に合った服選びを心掛けて損はないと言えるでしょう。ファッションの選択肢は多くて損はないですしね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

見た目でこんなに人の態度は変わる

僕はたまに、髪をブリーチして、ハイトーンカラーにします。だんだんと色が抜けて、やがてただの金髪になります。根本が少しだけ黒の金髪ってのも案外好きだし、小まめに美容室にお直しに行くのが面倒なので、金髪状態のまま放置して過ごす期間があります。

その状態だと、驚くほど、街中の人の態度が急変するんですよね。

電車とか狭い道とか、割りと混雑する状況下で、特にサラリーマン等の年配の方が、必要以上に会釈をしてくるんですよ。前を横切るときとか、少しぶつかりそうになったときとか。

お店の店員さんとかも、やたらと腰を低く接客してくれます。

きっと皆さん、金髪でチャラそうだから、下手に刺激して面倒なことが起きないように保守的になってしまっているのでしょう。

そ!し!て!

ハイトーンカラーが飽きて、大人しい髪色に戻すと、明らかに街中の人々の僕に対する反応が、これまた急変するんですよ。

サラリーマン等の年配の方は、僕なんかより自分を優先した振る舞いになるし、お店の店員さんは、坦々と接客をするようになります。

これが本当にくだらない。

人を見た目で判断して、見た目で態度を変える。こういうくだらない固定観念に縛られて生きている人が大勢いることが、同じ日本人として情けないです。

・・と思うのですが、僕1人がグチグチ言ったところで、何も変わりません。なので、そのくだらない固定観念に付き合ってあげるのが、一番手っ取り早い解決法となるのです。

見た目がチャラいと損をする?

先程の例の様に、見た目がチャラいと、優しくしてくれる人が多くなります。特に男性から優しくされる傾向があります。でも、女性からは避けられてしまう傾向があります。

これは本当に男の僕としては理解・・というか、納得出来ないんですが、女性は、黒髪か明るすぎない茶髪の男性に好印象を抱きます。あと、短髪を好みますよね。

髪の色を暗い色にすると

  • 暗い色の方が似合うよ

って言うし、髪を短く着ると

  • 短い方が良いよ

って言う女性多くないですか??

これ、男性の方ならほとんどの人が言われたことがあるはずです。

で、男友達なんかには、「明るい方が良かったよ」とか「切りすぎじゃない?笑」なんて言われるパターン。実際、明らかに明るい髪やミディアムヘアが似合うにもかかわらず、女性は暗めの色や短髪を好み、そして褒めます。

つまり、女性は、俗に言う見た目が「チャラい男」が好かないんですよね。

女性は、男性に清潔感を求めます。なので、『チャラい男=清潔感がない』という方程式が女性の感性の中に組み込まれているんだと思います。

そして、見た目がチャラいと、性格もチャラいという第一印象を持たれてしまうので、必然と女性が近づいてこなくなります。

実際、僕の職場に、心優しい20代半ばの細身でスラっとして背の高い男性がいるんですが、その人は肌がやや色黒で格好がギャル男チックなので、初めのうちは本当に女子ウケが悪かったです。

でも、少しずつ少しずつ女性陣と打ち解けて行き、みんな彼の優しさに気づき、もともと顔が良いだけあってか、今では一定数の女性が彼のファンとなりました。

でも、今でも「あのファッションはない」「ダサいから服買いに連れて行ってあげたい」と、女性陣のネガティブな声が後を絶ちません笑

確かに、ギャル男ファッションは時代錯誤なので、そう思われるのも仕方のないことかもしれませんが・・。

とまぁこの様に、ファッションの系統で、相手にあらぬ印象を与えてしまい、結果損をしてしまう場合もあります。

なので、相手に与える印象を考慮した服選びも、毎日のコーデの選択肢の1つとして用意しておいた方が便利だと思います。ナチュラルで清潔感がある服装が、どのシーンでも使いやすいので最強ってことですかね。

人間関係は第一印象が重要ってよく言いますしね。

・・ああくだらない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする