自分のファッションに自信を持つために必要なたった1つのこと

手のひらいっぱいの花びら

オシャレになって人生を楽しみたい・・けど、どうしても自信が持てない。そんなもどかしさを抱えている人も大勢いるでしょう。

自分のファッションセンスのなさが原因と思っている人もいるでしょうし、コンプレックスを抱えている場合は、それが自信のなさに繋がったり。

テレビや雑誌、街中なんかでスタイルや顔や髪質などの外見が良く、尚且つ服装がオシャレにキマっている人を目にすると、余計に自信をなくしてしまったり・・。

自分もあの人の様に外見が良ければ、もっとオシャレに人生を楽しめるはずなのに・・そんなことを思い、酷く落ち込んでしまう日もあるでしょう。

けど、そんなネガティブ思考のままだと、いつまで経っても幸せはやって来ません。

オシャレに人生を楽しみたいのであれば、今ある自分をしっかり見つめ直し、自分にあったオシャレを見つけ出すしかありません。

ファッションには考え方と魅せ方の要素があります。この2つの要素を自分の中で上手にコントロール出来れば、誰でもオシャレを楽しんで、輝かしい日々を送ることが可能です。

その為には、固定観念に囚われず、外見(魅せ方)ではなく、まずは内面(考え方)をオシャレにすることにフォーカスを当てましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オシャレは固定観念でしかないという考え方

ファッションには「流行」という言葉がある。その時、その時代にあったファッションというものがある訳です。

その流行の枠からはみ出すと、オシャレではなくなる・・という考えを持った、非オシャレな思考の人達が、いつの時代も一定数存在します。

一定数というか、大多数と言った方が正しいかもしれません。この大多数の人は、流行り以外のファッションを「ダサい」という捉え方をします。

この考え自体がダサいこと、分かりますか?

確かに、明らかに時代遅れの痛いファッションというものが存在することは確かです。

けど、流行ってはいないけど、今の時代でもオシャレなファッションがあるのも事実です。

いいですか?流行りだけがオシャレじゃないんですよ。もし、流行りの服が似合わない人が、
その流行りの服を身を包んでいたら、それはオシャレなんですか?違いますよね?

では、流行りの服が似合わない・・じゃあその服が流行っている時期は、自分はオシャレになれない・・そんなバカな話しはないしょう?

ハッキリ断言します。ファッションだけに限らず、流行にしか目が行かない人は抜群にセンスがないです。

さらに厳密に言うと「流行=オシャレ」=「流行以外はオシャレではない」という狭い価値観しか持たない人は、とびっきりセンスがないです。

そもそもこういうタイプの人は、自分の芯を持っておらず、ただ流行に流されて生きているだけの人です。流行にすがらないと生きていけない、薄っぺらい人なんです。

こういうタイプの人は、流行に乗っているので、一見センスがあるように見えますが、それは外見のセンスだけで、内面のセンスがない人がほとんどです。

内面も外見もオシャレな人って、実はそんなにいません。

これはどういうことかと言うと、

  • あの人ってオシャレだよね
  • あの人のファッションはダサいと思う
  • あの服装私はあんまり好きじゃないな
  • もっと流行りを取り入れた方がいいと思うな

なんて言ってるほとんどの人の意見なんて参考にならないってことです。

いや、オシャレじゃない人からすれば、オシャレの入り口としては参考になるんですが、内面がオシャレじゃない人のネガティブな意見なんて気にするに値しないってことです。

もし、あなたのファッションセンスやコンプレックスに対してネガティブな意見を言われたとしても、何も気にする必要はないってことです。

流行にすがらないと生きて行けない人のセンスなんてたかが知れてます。そしてこういう人は世の中にたくさんいます。

センスのない人の戯れ言に耳を傾けるな

これは、味覚ファッションセンスによく言えることなんですが・・

よく、どこどこの飯はまずい・美味しい・・なんてうんちくを語る人がいます。最近はネットでもこういう意見を頻繁に目にします。

でも、その人ってただの一般人ですよね。料理関係の仕事に就いてるプロじゃないですよね。

もし、味覚について語っている人のほとんどが一流の舌の持ち主なら、そこら中にソムリエなどの食のプロレベルの人がいることになります。そんな訳ないでしょ?

食べものについてうんちくを語っている人のほとんどが、正しい一流の舌の持ち主なら、プロで活躍している人の存在意義が限りなく薄れます。

ファッションにしたって同じです。オシャレをしている人全員が、内面も外見も一流のファッションセンスを持っているなら、ほとんどの人が有名なファッションデザイナーになれます。

そんなバカなことはない。彼(彼女)らはみんな、ただ自分の好みをひけらかしたいだけに過ぎません。

そんな二流・・いや、三流の人の意見に流されてはいけません。

自分のセンスを自分が愛す

いくら頑張ってオシャレをしても、人から褒められないし、むしろダサいと思われているような気がしてならない。また、違ったコーデをしてみよう・・

そんなブレブレなファッションとの向き合い方をしていたら、いつまで経っても本当のオシャレを手にすることは出来ません。

まずは自分のファッションセンスを自分が認めてあげましょう。コンプレックスにしたって同じです。自分自身を愛してあげて下さい。

自分を愛してない人は脆いものです。こういう人は、人からオシャレと言われて喜んだり安心したりしても、それは一時的なもので、常に人の意見や周りの目にアンテナを張って生活しているので、安心できる時がありません。

人から褒められて、一時的に気分が良くなっても、他の人から否定的な意見が挙がると、すぐに気分が急降下します。

そもそも好みやセンスって人それぞれなので、人によって意見が割れることなんて極当たり前のことです。そんな当たり前のことでいちいち気分が浮き沈みしていたら疲れるだけです。それはとても不自由な人生観です。

自分のファッションセンスや自分の外見や性格を愛している人は無敵です。他人の意見に気分が左右されることはありません。バカにされても全く気持ちがブレません。

こういう人のことを、「しっかり自分を持ってる人」と言います。

人からオシャレだとかカッコイイ・カワイイと褒められると嬉しいですが、他人ではなく、まずは自分が自分を認めてください。

これはナルシストに振る舞うのとは違います。自分を愛し、それを自分の中だけで完結させる。一流の人間になる為に必要なことです。

もし、オシャレになろうとファッション雑誌を買い漁って勉強し、服を買いに行く・・それを何度繰り返しても、人からオシャレだと思われない・・

こんな自分はダメだ・・!!

・・・果たしてそうでしょうか?僕はそれはとても素敵なことだと思います。

努力している姿勢が素晴らしいです。間違いないです。なので、そんな素敵な自分を愛してあげて下さい。

他人のネガティブな意見なんて無視しましょう。例えどんなにオシャレな人でも、必ず誰かしらに否定や批判されたりします。だって好みやセンスはそれぞれだから。

だから、否定的な意見にいちいち耳を傾けて気分を落とすのは損なんですよ。もし誰かのネガティブな意見をファッションに反映させるなら、軽く参考にする程度に留めておくべきで、心で受け止める必要はないです。

オシャレになって自信を付けたいなら、まずは自分のセンスを自分が認めて好きになって下さい。しっかり自分の芯を持って、オシャレになる努力をしましょう。

そうすれば、ファッションがより一層楽しくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする