【無関心】女性は興味がなくても男性の服装を褒める?

ハートのキャンディを持った森ガール

女性にファッションを褒められたら嬉しいですよね。

「その服良いね!」とか「服買ったの?オシャレだね!」とか。

そんな事言われたら、男としては気持ちが舞い上がってしまいそうになりますよ。いや、実際舞い上がってしまう人は大勢いることでしょう。

もしかしたら、この子俺に気があるんじゃないか?なんて思ったり。以前の僕も、女性に自分の服装を褒められたら、嬉しくて舞い上がっていた時期がありました。・・あくまで過去形ね!

今はもうそんな言葉には騙せれませんよ!いや、騙されないというか、冷静にその言葉の意味を分析しているというか・・。

とにかく!女性にその日のファッションを褒められたからと言って、軽々しく浮かれてしまわないようにしましょう。

あなた自身はおろか、女性は、褒めた服装自体にも興味がない可能性があるのですから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ただのコミュニケーションの一貫

女性は、男性に比べて感受性が豊かで、コミュニケーション能力が高いです。その頭の回転の速さは、男性には到底理解すら出来ないでしょう。

その感受性が豊かでコミュニケーション能力の高いところが、男性には時として厄介なんですよ。特に恋愛において。

女性経験豊富な男性だったり、男性にも稀に、女子脳とも言える女性に似た思考回路を持つ方がいるので、そういう人達であれば問題ないのですが、そうではない男性は、女性の言葉の本当の意味を捉えることが出来ません。

男性の場合は、思ったことをストレートに口にしたり態度で表したりするのですが、女性はそうではなく、常に計算して言葉を口にしたり、計算した上で態度に表したりします。

もちろん全員が全員という訳ではないですが、殆どの人に当てはまります。特に言葉。

この計算された上で発した言葉の本当の意味が捉えられない男性が多いです。特に、イマイチ女性にモテない人は、この本質が分かっていないことが原因である可能性が非常に高いです。

今回の記事のテーマの、「女性が男性の服を褒める」ことは、時として、ただのコミュニケーションの一貫という場合があることを理解しておきましょう。

要は、あなたのことや、あなたの服装自体にも関心がない場合でも、あなたの服装を褒める時があるということです。お世辞でもないです。本当にただの会話。分かりやすく砕けた言い方をするなら、雑談とでもいいましょうか。

女性に服を褒められたからと言って、言葉通りに受け取り、簡単に浮かれるのはナンセンスです。

良くも悪くも日常会話

先程も説明しましたが、女性は感受性が豊かな生き物です。男性は、女性の服装を見た時、その人に似合っているかどうか、表面的な箇所しか見れない人が多いですが、女性はそれに加え、その人が好きな服かどうか、こういった目に見えない感情面も読み取れます。

普段着ている服から色々と分析し、『この人はこの服がお気に入りなんだな。』という考えのもと、男性の服装を褒めます。

要は、褒めていても、あなたやあなたの服装に好意がある訳ではなく、女性に取っては、良くも悪くも、ただの当たり障りのない会話なんです。褒め言葉を発しているけど、特別褒めている訳ではないんです。

お気に入りの服を褒められたり、買ったばかりの服を褒められて悪い気はしませんよね?女性は、そこを突いて会話しているのです。

そこには、下心も何もないです。日常会話です。けど、男性は勘違いしてしまいます。『俺に気があるんじゃないか?』と。

  • オシャレだね!
  • この服最近買ったの?
  • 似合ってるね!
  • 良いと思うよ!

これらは全てただの日常会話の可能性を秘めています。特別あなたやあなたの服装に興味があり、好意を抱いている場合は、

  • 私そういう格好好き!

という様な言い方をしてきます。

男性が女性の服装を褒める場合は、少なからず何かしらの下心がある場面が多いです。だから女性が自分の服装を褒めて来た時に、勘違いをしてしまうんだと思います。

男性の価値観と女性の価値観は別です。自分の価値観をベースに、女性の価値観を探ろうとすると痛い目に合います。

もちろん、当記事の内容が、100%の女性に当てはまるという訳ではないです。それに、男性は真実を知らない方が幸せという捉え方もありです。実際僕自身、何も知らなかった頃の方が、純粋に人生を楽しんでいたと思います。

けど、それでは本当の幸せが遠のいていくと思うのですよ。

知らない方が幸せってことは、常に勘違いしている人生を歩んでいるってことですよね。人の幸せの基準はそれぞれだけど、僕はそんな人生はごめんです。

今回の記事を書こうと思ったきっかけは、実際に最近、この様な事例が身近に起こったからです。

僕の職場は私服勤務です。ある20代前半の若い女の子(かなり可愛い)が、20代後半の男性のファッションを褒めていました。

褒めたのは柄物のシャツ。褒め言葉は「そのシャツ可愛いね」。

すると、その男性は、その女性に褒められた柄物のシャツと似たようなシャツを購入し、毎日の様に職場に着てくるようになりました。

その女性に褒められたのが余程嬉しかったのでしょう。

しかし、実際その女性は、その男性にも、その例の柄物のシャツにも、全く興味がなかったのです。

じゃあなんで褒めたのかと問いただしたところ、特に理由はないとのこと。なんとなくその人がその柄物のシャツが好きそうだから、褒めただけらしいです。

・・・男性のみなさん。女性は悪くないんです。悪いのは勘違いしてしまう我々男性の方なんです。

どんな時でも、冷静にいたいものですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする