ダサ男がメンズファッション誌で服のセンスを磨くオススメ方法

部屋で駄々をこねるスウェット姿の男性

今回はオシャレ初心者さんの服の買い方のコツについてのお話。

もともとあまりファッションセンスがない人や、今までファッションに興味がなかった人は、いまいち服の買い方が分からないものですよね。もちろん、僕にもそういった時期があったし、実際にオシャレな人も、初めは全然オシャレじゃなかったなんて場合が多いです。

オシャレな友達にいろいろアドバイスして貰ったり、自分で何度も試行錯誤を繰り返し、ようやく周りから「オシャレだね」と言われるようになったり。

もともとファッションセンスを持ち合わせている人は、初めから服をオシャレに着こなしたり、成長するスピードが早いものです。けど、センスがない人は、オシャレまでの道のりが少しばかり遠いです。

それは事実だけど、努力すれば誰でもオシャレになることが出来るのも事実。その為には、それなりの時間とお金を費やすし、何度も失敗や挫折を味わうかもしれないけれど、みんなそうやってオシャレになって、やがてモテる男になっていくものです。

オシャレになる為には、困難を乗り越える必要があります。けど、それは通らなければならない道だし、なにより、オシャレになりたいという強い思いがあるからこそ、その道は困難に感じるものです。

これからオシャレになりたいという強い思いがある方は、焦らず、じっくり自分のスタイルを手に入れるよう頑張りましょう。

人から・・特に女性からオシャレだと思われるのは、とても嬉しいものですよ。何より自信につながり、恋もスムーズに進む効果もあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オシャレな友人にアドバイスして貰う

過去の記事でも言いましたが、オシャレ初心者さんは、まずは身近なオシャレな友人や知人に、徹底的にアドバイスして貰うことがオシャレへの近道です。

突然ですが、みなさんはファッションが好きですか?僕はファッションなしの人生なんて考えられないってほどファッションが大好きです。きっとこのブロ...

近道というか、正しい軌道ですね。

センスがない人が、自分のセンスで服を選ぶと、どうしてもダサくなってしまいます。時代錯誤の服を選んでしまったり、サイズ感がコーデとあってなかったりと、トレンドから外れたコーディネートになってしまいます。

そんな服選びを闇雲に繰り返していても、一向にオシャレさんにはなれません。これはオシャレという目的までの遠回りではなく、全く別の道を突き進んでるということになります。

これでは、いくら時間やお金を費やしてもオシャレになれません。オシャレまでの正しい道のりの軌道に乗るために、まずはオシャレな人からアドバイスを貰うことが大事なんです。

そして、出来れば事細かにアドバイスを貰い、その意見をそのまま受け入れましょう。

稀に自分の固定観念を捨てられず、オシャレな人のアドバイスをほんの参考程度にしか受け入れず、自分のセンスを優先した服選びをする人がいますが、これは絶対にやめて下さい。

頑張っても一向にオシャレになれない人の最大の原因はこれなんです。

今まで頑張ってもオシャレになれなかったのは、自分にセンスがないせいなんです。にも関わらず、そのセンスを貫くことになんの意味があるのでしょうか。成長する為には時に自己否定することも必要です。オシャレに自信がない人は、まずは自分のセンスを疑うことがなにより大事です。

そのファッションセンスだからいつまでたってもダサいんです。そのファッションセンスだからいつまでたってもモテないんです。何も難しいことは言ってないですよね?誰でも分かる、とてもシンプルな思考です。

色、柄、系統、サイズ感、小物類の組み合わせ・・本気でオシャレになりたいのなら、これらの自分のセンスや好みを全て捨てて下さい。それが嫌なら、今まで通り自分のセンスで服を選び、自分の中だけでファッションを楽しんで下さい。それもまた素晴らしいだと思うし、誰にも否定する権利はありません。

ただ、何度でも言いますが、本気でオシャレになりたい、周りからオシャレだと思われたい、行く行くは女の子からチヤホヤされたい・・そう思うであれば、今すぐ自分のセンスを否定して下さい。

今までの自分のセンスを捨てるのは寂しいですか?でも、正しいオシャレについて学び、また新たな自分のセンスを構築すればいいじゃないですか。というか嫌でも構築されます。

その時、誰もが思うでしょう。

『昔の俺はダサかったなぁ』・・と。

オシャレさんが身近にいない場合

オシャレな友人や知人が身近にいる場合は、アドバイスを貰い、その意見を素直にそのまま受け入れることが重要ですが・・

身近にオシャレな人がいないってパターンも案外多いと思います。仮にオシャレと言われている友達でも、仲間内の小さなコミュニティーの中だけの話で、一歩街へ踏み出すと全然大したことない人だったり・・

そもそも、人間社会には引き寄せの法則的な不思議な現象もあるもので、ファッションに興味がない(ダサい)人の周りには、そういう人達が集まったりする傾向があります。というか、似たような思考を持っている人が集まる傾向がありますね。

なので、今までファッションに興味がなかった場合は、身近にオシャレな友人がいないなんてパターンも全然あると思います。

その場合は、学校や職場・・今だったら頑張ってSNSで、積極的にオシャレな人を探して仲良くなるとかいう方法がありますが・・なかなか難しいですよね。

なので、身近にオシャレな友人や知人がいない場合は、月並みですが、ファッション雑誌を買って下さい。

書店やコンビニに行けば、誰でも気軽に買えます。まぁオシャレ初心者さんは躊躇してしまうかもしれませんが、大丈夫です。店員さんは所詮他人です。何も恥ずかしがる必要なんてないです。

メンズファッション誌といっても種類が様々です。何を買うかの基準なんですが、あまり個性が強い系統の雑誌はオススメ出来ません。あえて系統名は伏せますが、そういった系統は時代錯誤な雰囲気も否めないし、独創的であまり人から好まれないし、オシャレという概念からも少し外れるので、結果女の子からもあまり好感が持たれません。(ホ○ト系とかビジュ○ル系とか○兄系とかギャ○男系とか)

もちろんそういった系統が好きな女の子も少数ですがいるにはいます。けど、少数なのでコスパが非常に悪いです。それに、大前提としてオシャレという概念から少し外れるので、本末転倒です。こういうった系統は「オシャレ」ではなく「カッコイイ」ですね。オシャレとカッコイイは別物です。「カッコイイ」ファッションでは女の子からモテません。まぁ昔はどの系統も流行っていて、モテはやされていた時代もあったんすがね・・。やっぱり、トレンドって大事ですよね。

結局どの雑誌を買えばいいかなんですが、

  • スマート
  • メンズノンノ
  • ジョーカー

あたりが無難で間違いないでしょう。

ファッション誌には今時のモテファッションについての特集だったり、ファッションについてのトピックが色々と掲載されているので、単純に読んでて為になります。オシャレ上級者さんは毎月欠かさずファッション誌を買って読んでるなんて人も珍しくないです。

で、ファッション誌を買って目を通して、これなら自分も真似出来るかな?というモデルさんのコーディネートを1つか2つピックアップして下さい。

そしてそのコーディネートとそっくりな服を一式、買いに行きましょう。

時間とお金に余裕がある人は、そのまま同じ物を買うのもありですが、そのショップに買いに行く気持ちに余裕がないと思うので、まずはファストファッションのお店で、ピックアップしたコーディネートに出来るだけ近い服を買いましょう。

ファッションに興味を持ち、オシャレになりたいと思うようになった。よし!服を買いに行こう! でも・・どこで買ったら良いかわからない。いき...

特に服の色に注意して、出来るだけ同じ色の服を選びましょう。サイズ感は自分に合うものをチョイスする為に必ず試着しましょう。ダボッとしたサイズ感はNGです。もちろん小さすぎてもダメ。

これが、オシャレ初心者さんの大きな一歩となります。

雑誌からコーディネートをピックアップするときのコツは、出来るだけ柄がないシンプルなコーディネートを選ぶこと。同じ柄のものは売ってないですからね。

でもまぁあくまで出来るだけ似たテイストの服があればいいです。で、買う時の注意点なんですが、ここでも自分のセンスは無視して下さい。

「雑誌ではネイビーのジャケットだったけど、黒の方がカッコイイから黒にしよ」

みたいなのは絶対やめてください。そもそもファッションのトータルコーディネートにおいて、色使いというものはとても重要なポイントなんです。

雑誌のコーディネートも、色使いを慎重にセレクトしているはずです。そこを初心者さんの勝手なセンスで崩してしまうと、オシャレではなくなる可能性が非常に高いです。そういうアレンジは、少し慣れて来てからにしましょう。

雑誌の真似をして服を買っていくと、だんだんと自分の感覚や、周りの人の反応で、その服が自分に似合うのかどうかなど、少しずつですが、オシャレが分かって来ます。

割りと早い段階で「オシャレだね」と言われることもあり得ます。

人からオシャレと言われると、ファッション好きからしたら嬉しいものです。とりあえず、そこを目指してお互い頑張りましょう。

僕もまだまだ勉強中の身なので。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする