おじさんになっても女性から好かれる秘訣

虫眼鏡を覗く男性

男だったら、女性にモテたいという願望が必ずと言っていいほどあると思います。

やっぱり、いくつになっても、職場の気が合う女性と話したりすると、仕事のモチベーションなんかも向上したりするし、決して悪い気はしないものです。

どこの職場にもいると思うんですよね。女の子に鼻の下を伸ばしてる上司や年配の方が。

僕の職場は、アパレルECサイトを運営する会社で、そこそこ規模もでかいです。なので、実に様々な年代の方が働いています。

当ブログで何度かお伝えしましたが、そんな僕の職場は私服勤務です。

その中に、40、50代の人で、オシャレな人がチラホラいます。その中に、既婚者もいれば、未婚者もいます。正社員もいれば、非正規雇用者もいます。見た目が年相応の人もいれば、実年齢より若く見える人もいます。

年齢や自分の人生観なんて関係なく、みんなそれぞれオシャレを楽しんでいます。とても素敵なことだと思います。

そしてみなさん、若い子や綺麗な人とお話してるときは、とても楽しそうです。やっぱ男って単純ですよねぇ。うんうん。

さて、そんなオシャレな年配層の彼らを見て、素敵だなと思う女性もいます。

歳を重ねても尚、女性から好意を抱かれるなんて、羨ましい限りですね。僕もそういう年配になりたい・・。

でも、彼らは、オシャレだからモテる訳ではないんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オシャレなだけでモテるのは精々20代まで

服装がオシャレなだけで女性からモテるのは、若いうちだけです。

見た目が若くても関係ありません。実年齢が若いうちだけです。

悔しいですが、30歳を過ぎると、どうしても年齢的にはオッサンの部類に入るので、その印象が相手に植え付けられてしまいます。29歳と30歳では、明らかに周りの人の年齢に対する捉え方が違います。29歳と30歳の間には、大きな壁があります。

自分自身の顔や体づき、内面が一切変わらなくても、その1歳の差で、相手に与える様々な印象が大きく変わります。

  • 30歳にしては若く見えてイケメン
  • 40歳を越えてるのにノリが若くて面白い
  • 50歳なのにオシャレ

この様に、ポジティブな印象にも、いちいち年齢を加味した印象で捉えられます。それがプラスに働くかマイナスに働くかは、またそれぞれですが・・。

僕自身は、こういう捉え方をしませんが、日本では特に、年齢に対して妙な固定観念が定着している印象があります。僕は年齢なんて関係なしに、その人個人を見るので、こういった年齢を加味した意見が腹立たしく思うときもあるのですが、悲しいですがこれが日本の現状。

他人の固定観念を操作することなんて出来ないので、世間はそういうものだと、飲み込むしかない。

世間一般では、こういった年齢に対する固定観念があるので、およそ30歳を越えた辺りからは、服装がオシャレなだけではモテなくなります。

30歳以降の男性がモテる為にはステータスが必須

10代、20代などの若いうちは、オシャレをして格好良ければ、それだけで十分モテます。なぜかって?それは年齢に対する妙な固定観念がないから。ただそれだけの理由です。

見た目が老けてたり、体臭がどうのとか、結婚を前提にお付き合いしたいとか、そういう極端な場合は別ですが・・。ここでいう『モテる』とは『好かれる』という意味合いだと思ってくれると分かりやすいと思います。

それから、ステータスとは、単純に職場での役職や年収であったり、他には、人柄という意味合い。いつもみんなを笑わせてその場を和ませてくれる人だったり、優しくて思いやりがある人だったり、カリスマ性があって独特な雰囲気を持ち合わせていたり。

こういった何かしらのステータスを持ち合わせていることが年配男性のモテる条件になります。女性に気に入られようと、ただ外見に磨きを掛けてオシャレをしているだけではダメです。

分かりやすい例を挙げると、見た目が20代の外見しか取り柄のない40歳男性に近寄ってくる女性はまずいないです。10代男性はオシャレでカッコイイだけで問題なくモテます。

年配男性は、何かステータスがないと、自信が持てなくてどんどん老け込んでいく傾向もあります。そんなことで自信をなくす必要なんてないんですけどね。でも、世間のイメージは非情。

いくつになっても、外見に磨きを掛けることは素敵なことだと思います。でも、歳を重ねていくと、どうしてもそれだけではモテなくなってきます。

今の僕の職場だけでなく、どこに行っても、女性が寄って来る年配男性には、何かしらのステータスがあります。もしかしたら、外見より、このステータスの方が重要かもしれません。いや、きっとそうに違いない。

しかし、いくつになっても、やはり外見もモテる為には必要な要素ということに変わりはありません。

いくつになっても、女性にチヤホヤされたい・・そんな願望をお持ちなら、外見を磨きつつ、なにかステータスを得るよう心掛けてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする