お金がないなら服は買うな

海外のATM

ファッションが好きな人の中には、執拗に服に対する執着心が強い人がいます。

ファッションが好きで、オシャレをすることに生き甲斐を感じているのであれば、至極当然のことの様に思えなくもありません。

ですが、オシャレを求めるあまり、自身の収入を大幅にオーバーしたファッションとの付き合い方をし、結果、家計が火の車状態に陥ってしまう方もいます。

この様な状況に陥ってしまうことを、当然の一言で片付けていいはずがありません。

むしろこれは異常です。

いくらファッションが好きでも、それにより、不自由な生活を送るはめになってしまっては、虚しいだけ。

健全な人生を歩むためにも、大好きなファッションで、クレジットカードの支払い地獄のサイクル等にはまらないよう、注意しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

お金がないなら服は我慢!

いくら着ている服がオシャレであろうと、ファッションが直接的にあなたの人生を輝かせる要素にはなり得ません。

オシャレをするだけで、素敵な人生を歩めるのであれば、全ての人が簡単に幸せな人生を手にすることが出来ます。

けど、そんなことあるはずがない。

オシャレは、あなたの人生を輝かせるための手段です。オシャレをすることにより、気分を上げたり、自信が付くことにより、本来取り組むべき事柄にフォーカスし、成果をあげる。

それが、正しいファッションのあり方です。

ファッションは人生のスパイスの様なもの。どんなに高価なものであっても、スパイスだけでは、一流の料理は作れません。

生活において、服装がオシャレでなければならないなんてことはないし、オシャレじゃなくても、幸せな人生を歩んでいる人や、成功者はたくさんいます。

身なりが素敵でも、肝心の中身が素敵でなければ、人望を得るのは非常に困難です。

オシャレで性格がひん曲がってる人と、ダサいけど面白い人。

僕なら、迷わず後者を友人にします。

人間関係において、オシャレは取り柄とは言い難いです。ただオシャレなだけの人には、何の魅力も感じません。

オシャレになりたいだけの服選びはただの浪費

オシャレなだけでは意味がない。と言うことは、オシャレは人生を輝かせる為の手段であり、目的ではない。それは明確です。

それなのに、執拗にオシャレだけを追い求める人もいます。

欲しい服が見つかれば、無理をしてでも手に入れる。

それが収入に見合ったものであれば問題ないです。

しかし、明らかに自身の収入をオーバーして、クレジットカードを利用してでも、無理に服を買う人は、問題ありです。

僕自身もファッションが大好きなので、素敵なアイテムと出会うと、すぐに欲しくなる気持ちは痛いほど分かります。

けど、その出費は無駄です。後になって、必ず後悔するときが来ます。

今週のデートで着る相応しい服を持っていない。就活に相応しいスーツを買わなければならない等、何か明確な目的がある場合は、この限りではありません。

明確な目的がある場合、その出費は「浪費」でななく「投資」として捉えられます。

この場合は、しっかりと計画を立てた上で、クレジットカードを使うなり、何らかの形で借金をしても致し方ありません。

就活はもちろんのこと、デートにしたって、ただの遊びではなく、真剣に婚活をしている場合もありますからね。

そういった場合は、闇雲でなければ、じゃんじゃん自分の人生にお金を「投資」するべきです。

ただ、オシャレを目的とした無理なショッピングは、ただの「浪費」なので、懸命ではありません。

借金をしてまでも、オシャレにすがるのは愚かな行為です。

リボ払いなんてしてたら最悪。。

何の目的もなしに、オシャレにすがるのは絶対にやめましょう。

もし、服にお金を掛けたいのであれば、それだけの収入を得られる様になってからです。

また、特別ファッションに興味がない場合は、周りに合わせて無理にオシャレをする必要はないです。

それよりは、もっと将来の自分の為になることに、時間やお金を投資し、費やすべきです。

オシャレなだけの人には何の魅力もありません。

その事を肝に命じ、オシャレ貧乏にだけはならないように気を付けましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする