オシャレをするだけでは人気者にはなれない

座り込んで物思いに耽る女性

「人気者になりたい…」

そう思っている人はどれだけいるだろうか。

もちろん、そう思うのことは決して悪いことではないし、僕自身も、強くそう思っていた時期がありました。

人生一度きり。その一度きりの人生で、どれだけ輝いた日々を送ることが出来るか。

誰もが一度は考えたことがあると思います。

つまらない人生なんてごめんですからね。自らつまらない人生を望む人はいないでしょう。

けど、人生そう簡単にうまく行くものではありません。

人気者になり、輝かしい人生を歩みたい。けど、そう願えば願うほど、自分が望む理想の日々は遠退いて行くものです。

たくさんの人から愛されたい…とまでは言わなくても、たくさんの人から良く思われたい…

そんな理想を手に入れる為、ファッションに気をつかう人はどれだけいるだろうか。

まわりの誰よりもオシャレになれば、異性からはモテはやされ、同姓からは羨まれる。

そんな理想を手に入れる為、オシャレをし、周囲に自分をアピールする。

…そんな考えだから、一向に人気者になれないんですよ。

もし、人気者になりたいのでば、その欲望は今すぐ捨て去りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

注目を浴びれば人気者ということではない

周囲の人気を集めるのは容易いです。

しかし、一朝一夕で人気者になることは不可能です。

人気者になるには、長期的な期間を要します。

ここを理解していないと、人気者になるどころか、逆にみんなから嫌われたり、煙たがられます。

なぜか?

人は、あなたが思っている以上に、あなたの欲望を見抜いているからです。

要は、「人気者になりたい」という欲望を、周囲の人に見抜かれているんです。

そうなると、全ての行動が、マイナスに働いてしまいます。

人気者になるため、自分を良く見せる為に、まわりに優しくする…仕事をテキパキこなす…ご飯をご馳走する…

そう、全ては自分のため。

人間、そういった欲望は、雰囲気で駄々漏れなんです。

なので、全て他人に見抜かれてしまっているんです。

もちろん、そういった雰囲気を巧妙に隠せる人も存在します。けどそんな人は稀です。だいたいの人が、まわりに悟られます。

そうなってしまっては、全ての行動や言動が痛々しいだけになります。

そんな欲望の雰囲気は、ファッションにも表れます。

オシャレをし、注目を集めて、人気者になりたい…

そんな、自分という存在をアピールし、良く見てもらいたい欲求だけが先走っている服選びなんて、簡単に見抜かれて、人気者になるどころか、変に注目を浴びてしまい、逆に煙たがられます。

注目を浴びることが、「人気者」という訳ではありません。

もし、人気者になりたいのであれば、人気者になるための服選びなんて止めましょう。ハッキリ言って無駄です。てか逆効果です。

それが例え本当にオシャレなコーディネートであっても…。

人気者になる人の考え方

人気者になる人は、大抵どこに行っても人気者になります。

もちろん、全ての人から気に入られることは不可能ですが、大多数の人から気に入られたり、深い信頼を得たり。

こういう人は、そもそも人気者になりたいなんて思っていないんです。

いつでも、自分ではなく、周囲の人のことを思いやり、行動しています。

その心からの優しさが、少しずつ周知され、結果、周囲の人の人気を獲得するのです。

何が言いたいのかというと、服装を良くすれば、人気者になるなんてことはありません。

要は、人柄が大切なんです。

オシャレなファッションが、周囲の気を引くきっかけになることは十分あり得ます。

しかし、その先は人柄次第です。

交友関係にしたって、恋愛にしたって…。

ただオシャレなだけの人には、何の魅力もないんです。

誰かに何かをアピールする目的でオシャレをしてる人がほとんどだと思う。 ファッション好きな友人にオシャレだと認めて貰いたいという気持ちだ...

ファッションは、人生を輝かせるための要素ではあります。しかし、ファッションを目的にしてはいけまけん。

ファッションは、きっかけに過ぎないのです。なので、ファッション自体をアピールする服選びは望ましくありません。

「オシャレな人気者」

そんな理想的な人生を手に入れたいのであれば、欲を捨て、自分はいつでも一歩引き、相手のために努力しましょう。

人気者になるには時間が掛かるけど、人気者になる人は、決して焦ったりしません。

なぜなら、人気者になることを望んでいないのですから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする