【心構え】オシャレは誰でも身につくけどセンスは身につかない!?

インダストリアルシティ

ファッションセンスを磨いてオシャレになりたい!!

今までファッションに興味がなかったけど、最近オシャレに目覚めた人へ向けた記事です。

具体的にどの様にコーディネートしたらオシャレになれるのかという様な内容の記事ではなく、これからオシャレを目指すに当たっての心構えをお伝えしようと思います。

ファッションは失敗の連続です。でも、めげずに頑張れば、いつかきっと多数の人からオシャレと思われる日がくるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オシャレは一朝一夕で身につけられるものではない

これから書いていくことは、何もファッションに限って言えることではないですが・・

なんでもそうですが、プロフェッショナルになろうと思って行動に移しても、今日、明日でなれるものではありません。それは、ファッションも例外ではないです。

オシャレになりたいから明日服を買いに行こう!・・で、すぐにオシャレになれる訳ではありません。そう決めた”今”よりはオシャレになれるかも知れませんが、たった1回ショッピングに出かけたからといって、センスがある人にはなれません。

オシャレな人、センスがある人、というのは、雰囲気に現れます。言うなれば、その服をしっかり着こなせているかどうか。センスがある人は、格好+雰囲気で相手を見ます。

オシャレ初心者や、俗に言う服に着られてる人からは、オシャレな雰囲気が出ません。ファッションに興味を持ち、何度も何度も失敗や成功を繰り返して、ようやく、本当の意味でオシャレな服を着れるようになるものなのです。

何度でも失敗しよう

オシャレは失敗の連続です。僕は子供の頃からファッションに興味を持ち、中学生の頃から、お小遣いでカジュアルショップで服を買い漁っていました・・が、自分の格好を見て、いまいちピンと来ませんでした。高校生になり、バイト代のほとんどを服に費やしていました。そのくらいの時期から、ようやく、周りの人に「オシャレだね」とチラホラ言って貰えるようになって来ました。でも、その反面、やはり失敗の連続でした。

自信を持って購入した服を着て外に出ても、友人にダサいだのキモいだの・・とにかくボロクソ言われることも多々ありました。

言ってる相手は、冗談半分で笑いながら言ってくるんですが、言われた本人のショックは相当デカイです。なんだか自分という存在を全否定されたような・・そんな気持ちになり、その服は1回着ただけで、二度と着なかったり・・

でも、今になって思うと、そういった友人の意見にとても感謝しています。正直に僕にダメ出しをしてくれる友人がいなかったら、恐らく今の僕はなかったでしょう。

友人、知人の意見はシンプルに受け入れよう

言われるうちが華ってよく言うじゃないですか。ファッションについてダメ出しされたら、嫌な気持ちになるのは分かります。でも、素直に「そっか、このファッションはダメなんだな」と、受け入れて分析しましょう。

この繰り返しで、どんどん知識や感性が身についていき、オシャレに磨きがかかっていくものです。

ファッションに限らず、他人から”ダメ出し”をされない人は成長出来ません。いつまでたっても、自分だけの価値観でしか物事を図れないからです。ただダメ出しをされて、その意見を受け入れない人も同じです。ここが非常に重要なポイントです。自分個人の世界観や価値観って、実は物凄く狭いものなんだと気付けるかどうかで、成長のスピードは左右されます。

食べ物で例えると、『自分はトマトが嫌いだからトマトは不味いもの。トマトが好きな人の気が知れない。』この様な思考回路をしてる人は、何をやっても成長しません。

そうではなく、『自分はトマトが嫌いだけど好きな人もいる。トマトが好きな人は、トマトのどんなところが好きなんだろう。』という様な、自分だけの価値観でなく、相手の価値観からも物事を探れるような柔軟な思考を持って物事に接していれば、自然とスキルが身についていきます。

他人から服装についてダメ出しをされることで、自分だけの視野の狭いファッションセンスの誤ちに気付かされます。

例えば、アウター、トップス、ボトムス、シューズを全身黒で揃えるのが、似合ってなくてダサくても、自分では似合ってて、カッコ良くてオシャレだと思い込んでるとします。で、誰からもダメ出しをされなかった場合、その人は、なんの疑いもなく、ずーっと全身黒のコーディネートをすることでしょう。

でも、「全身黒ってステージ衣装かよ」とか「君には似合わないよ」とか、ダメ出しを貰えれば、そのことに気付き、成長するチャンスが与えられます。

他人からのダメ出しは大事な財産なんです。逆に、誤ちを犯してるのに誰からもダメ出しをされない人は、とても可哀想な人なんです。

もちろん、ダメ出し全てが正しい意見ではないかも知れません。しかし、全て立派な判断材料であることに変わりはありません。他人からダメ出しをされたら、とにあえず素直にその意見を聞き入れて、分析するよう心掛けましょう。

ファッションセンスは誰でも身に付くの?

センスは生まれ持った感覚です。センスがない人がいくら頑張っても、もともとセンスがある人には敵いません。よく、センス=知識であって、努力すれば誰でもセンスが良くなるという意見を耳にしますが、僕はそうは思いません。

ファッションに対していうなれば、努力して知識を身に付ければ、センスがあるコーディネートをすることが出来ます。でも、その沢山の知識を身に付けた人が、さらに全く知識のない新しい素材や柄、シルエットの服を見て、その服はどのような人に、どのような組み合わせが似合うのか・・と、感覚的に理解することは出来ません。しかし、ファッションセンスがある人には、それが理解出来ます。

例えば、誰も見たことのない、AとBの柄があり、この2つの柄の組み合わせは、合わないものだとします。

ファッションセンスのない人は、このAとBの柄の組み合わせに違和感を抱いていませんでした。でも、ファッションについて勉強し、AとBの柄の組み合わせは合わないと理解し、その組み合わせはコーデに取り入れないようになります。

一方、ファッションセンスのある人は、AとBの柄の組わせは合わないと、見た目で判断出来て、初めからこの2つの柄のコーディネートは避けます。

これがセンスというものの本質です。なので、厳密に言うと、センス=知識ではないです。

でも、だからと言って、ファッションセンスのない人は落胆する必要はありません。センスのあるコーディネート自体は誰でも出来るのですから。

であれば、頑張れば誰でもオシャレになれるということです。

ただ、生まれつきファッションセンスがある人は、1つの失敗や経験から2つ、3つのことを身につけていくように、ファッションセンスがない人に比べて、オシャレになるまでのステップが非常に早いです。

ファッションセンスがない人は、ある人に比べて、オシャレになるまでに時間が掛かります。

この差ですかね。う〜ん・・やっぱり自信のない人は少しへこんじゃうかな・・?

でも、ファッションセンスのある人もない人も、何度も失敗を繰り返して学んでいくことに変わりはありません。ファッションに終わりはないし、学ぶことは無限にあります。

ここまで偉そうなことを言ってきましたが、僕自身も、自分をそんなにオシャレだとかセンスがあるとは思っていません。まだまだだな・・と。日々精進です。

ただ、オシャレ初心者さんよりは自信があるので、今後も色々とアドバイスしていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする