男性のスーツ姿はかっこいいけどつまらない

過酷な環境で生き抜くビジネスパーソン

仕事柄、あまりスーツを着ることがない僕が、スーツに対して思ってることを綴ってみようと思います。

スーツを着るのは年に1、2回ほどで、正直全くと言っていいほどスーツに馴染みがないので、偏った意見になるかもしれませんが、ご容赦ください。

やはり人間、似たような人が周りに集まるせいなのか、僕の友人も、仕事は私服や作業着の人が多く、普段からビシッとスーツを着こなしている人の割合が少ないです。

なので、スーツの着こなし方に対する知識も乏しいです。

でも、それで良い。

出来ればスーツとは無縁の人生を送り続けたいので、個人的には、そのまま浅学なままでいるのが望ましい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

スーツが嫌いな男性

なぜ、僕がスーツとは無縁の人生を送り続けたいと思うのか。

いくつか理由があるんですが、まず一番に思うのが、つまらないから。

こんなザックリと「スーツ姿はつまらない」なんて言ったら、毎朝ビシッとしたスーツ姿で仕事に出向いている世の男性方から、いきなり反感をかうかもしれませね。

でも決して、スーツ姿の人がつまらないという事ではなく、至極個人的な考えです。

僕は、子供の頃からファッションに興味があり、若いうちからファッションの虜になり、今でも変わらず、ファッションが大好きです。きっとこれからもその気持ちは変わることはないでしょう。

なので、学生の頃から、「社会人になって毎日スーツを着るのは嫌だな…」と、自分の父や、街中のスーツ姿の男性を見て、そう思っていました。

もちろん、スーツ姿に憧れたことも全くないという訳ではありません。やっぱり、ビシッとスーツを着こなしている男性はカッコイイですし。

何がつまらないと思うのかと言うと、変化の幅が狭い点です。

スーツにしたって、様々なブランド、色味や柄、ネクタイや鞄などの小物類で、数々のコーディネートの種類があると思います。

けど基本、ぼんやりとしたシルエットベースは、どれも同じなんですよね。

どんなに良いスーツ、どんなに良い革靴、どんなに良い時計を身に纏おうが、あまり変化がないです。

色味は、基本ダークトーンベース。多数の、スーツ姿のサラリーマンやビジネスマンに紛れてしまえば、大差ないです。

もはやオシャレかどうかより、身に付けているブランドで、ステータスアピールに徹するしか選択肢がないようにさえ思えます。

それから、ヘアスタイルも限られる。

スーツ姿で、ミディアム以上の髪の長さや、明るめのカラーをすると、必然とホストチックになってしまいます。

ちなみに、ホストの方のスーツ姿は好きです。あと、ロックバンドとか、ステージ衣装で用いられるスーツとか。

そう言った方達は、スーツで、より個性が引き締まります。

けど、ビジネススーツの場合は、そうは行きません。

髪型は基本黒で短髪。奇抜なヘアスタイルは、ビジネススーツとは相性が悪いし、多くの会社の規則に反することになります。

もはやそれは、社会が決めた既成概念でしかないのだけれど、世の中の大多数の人は、この既成概念に乗っ取って生きている。

なので、僕個人の見解で、それに反することなんて到底出来ません。

毎日好きな服を着て、自分の好きなヘアスタイルでいたい。けど、一般的な企業に就くと、そんな浅はかとも言える考えは当然通らない。

だから必然とスーツが嫌いになるのです。

スーツが似合う人は恵まれている?

それから僕がスーツが嫌いな理由に、僕個人が、単純にスーツがそこまで似合わないというのもあります。

背が低い方で、割りと筋肉質なので、様にならないんですよね。

なので、背が高くてスラッとした人のスーツ姿に強い憧れを抱いている面もあります。

近年、インターネットの普及により、昔に比べ、実に多種多様な稼ぎ方があります。

ですが、社会人になったらスーツ姿が当たり前という風潮が、未だ強く根付いているのが実状です。

なので、安定を求めて、スーツ姿で働く職に就く人が多いですし、むしろ率先してスーツ姿で働く事を望む人も大勢います。

そういう現状を考えると、スーツが似合う人は、特をしているのではないかと思えます。

いつの時代も、ステータスのある大人な男性は、いくつになってもチヤホヤされるものです。

そんな大人の色気がある人の、ビシッとしたスーツ姿に惚れる人も大勢いることでしょう。

どんな生き方であろうが否定は出来ない

先程も触れましたが、社会人になったらスーツ姿であるべきだと強く思っている方は非常に多いです。

けど、それは固定観念でしかないし、世の中には実に様々な職種があるので、もはやスーツ姿で働くという生き方は、1つの選択肢でしかありません。

けど、私服勤務に違和感を感じたり、酷い場合、叩く人もいます。

何度も言いますが、それは固定観念でしかないです。他人の生き方や価値観に、土足で介入するのは良くないです。

僕はスーツ姿が嫌なので、私服勤務でヘアスタイルが自由なアパレル関連の仕事をしています。

スーツ姿で働く人も、私服勤務であろうが、それぞれ個人が選択したものです。

なので、それぞれのスタイルを否定するのはお門違いです。

スーツ姿だろうが私服勤務だろうがどんなヘアスタイルだろうが、みんなが柔軟な心で、それぞれを尊重し合える社会であればいいなと、常々思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする