着る服が決まらないのは人目を気にしているのが原因!解決策は?

困った顔の女性

人はなぜ、着る服に悩むのか。

当然のことですが、出掛ける際には、何か衣服を着用する。

家の近くの自販機やコンビニやスーパーに買い出しに行くくらいなら、ジャージやスウェットなどの部屋着で出掛けても、問題はないと思う。

地元で友達と遊ぶときなんかも適当でいいかも。あとはバイトの行き帰りとか。

恋人とのデートや、遠出する場合は、みなさん自分なりにしっかりコーディネートを考えますよね。

基本は、そんな感じでいいと思います。

毎日どんな時でも完璧にコーディネートしようとすると疲れるし、場合に寄ってはキメ過ぎで相手に引かれます。

どんな時でも完璧にオシャレをしてると、毎日同じようなレベルの服装になるので、いざデートの時なんかに、特別感を出すことが困難になります。

「いつもと似たような格好じゃん…」

相手にそう捉えられても仕方ありません。

毎日、どんな時でもオシャレというのは、逆にオシャレではないとも考えられます。

系統や雰囲気をガラッと変えれば特別感を出せますが、なかなか難しいものです。

普段はちょいオシャレな格好で、特別な日には、思いっきりオシャレをする。

そんなファッションとの付き合い方が理想?無難?な感じだと思います。

さて、どういったファッションとの付き合い方だろうが、個人によって様々な答えや考え方があるので、そこは個人の自由だと思います。

ファッションに興味がなく、着る服なんてなんでもいいって人もいます。

では、日々、着る服に悩む人は、ファッションが好きな人ということなのでしょうか。

純粋にファッションが好きで、単にいつでもオシャレをしたいから、毎日コーディネートに悩むのでしょうか。

…違います。

着る服に悩むのは、人目を気にしているからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

他人の目を意識した服選びは不自由を招く

ファッションが好きな人は、その日着る服を、その時の気分であったり、出掛ける場所などによって、オシャレにコーディネートします。

そのコーディネートレベルは、主に出掛ける場所や出掛ける相手により左右されるものです。

同姓の友達とちょっとご飯を食べに行くときと、異性と1日デートするときとでは、コーディネートに対する意気込みも変わってくるものです。

前述したように、どんな時でも毎日完璧なオシャレを心掛けている人もいるでしょう。

それはどうかとは思いますが、ファッションの選択は自由なので、そこに関しては今回は触れないでおきます。

ファッションが好きな人からすれば、その日の服装をオシャレにコーディネートするのはとても楽しいことです。

お肌の調子もよく、髪型から服装まで上手にキマッた時は、喜びが一層増します。

けど、そこまでの過程で、大きくつまずいてしまう時もあります。

その日のコーディネートが、なかなか上手くいかずに、あれでもない、これでもないと、クローゼットから大量に服を引っ張り出して、鏡の前で着る服に悩んだことがある人は大勢いることでしょう。

こういう時は、かなりの時間を費やしてしまい、楽しいはずの服選びに、ストレスを感じてしまうこともあります。

いつでもすんなり着る服が決まれば、より、ファッションを楽しめるはずなのに…

もちろん、悩む楽しさもありますが、いつでもそうという訳には行きません。

寒い時期や、忙しい朝などは、楽しんでる余裕がありません。

特に、僕のように、仕事が私服勤務の人は、毎朝の服選びに悩んでいては、相当なストレスになってしまいます。

なかなかコーディネートがキマらない…

服選びに手こずったり、悩んだりするのは、実はコーディネートが苦手だからなのでしょうか。

コーディネートがもっと上手になれば、スムーズに着る服が決まり、オシャレに悩むことがなくなるのでしょうか。

もちろん、そう言った技術的要素も関係するとは思います。

けど、オシャレに戸惑い、悩む最大の理由は、人目を気にしているからという理由に他なりません。

要は、自分の服装が、相手にどう見られているのか、どの様な印象を与えるのか、オシャレに見られたい、思われたい…

そういった感情が、ファッションを不自由にしている面は否めません。

少し大袈裟な例えで考えてみましょう。

もし、この世に自分以外の人間が存在しないとしたら、ファッションに悩むことはなくなるでしょう。

いや、もはやファッションを考える必要すらなくなることでしょう。

ファッションにあまり興味がない、あるいは全く関心がない人でも、異性とのデートの時は、髪型や服装を気にし、その人なりにオシャレに見せようという気持ちが働きます。

この服はいつもと代わり映えしないから、また同じ服だと思われないだろうか…

この服装は彼氏(彼女)の好みではないかもしれない…

近場で遊ぶにしては少しキメ過ぎかな…

センスがないと思われたくない…

服を買うお金がないと思われたくない…

相手(他人)に自分の服装はどう思われてるのかを、必要以上に意識してしまうとき、人はファッションに悩むのです。

これが、ファッションを不自由にしている最大の要因です。

他人の感性を軸にした服選びは避けるべき

ファッションは、自由に楽しむもの。それなのに、ファッションで不自由な思いをするのは勿体ない。

そんなジレンマに悩まされていては、ファッションがストレスに感じてしまいます。

もし、服選びに悩んでばかりいるのであれば、過剰に人目を気にするのはやめにしましょう。

そもそも、人の好みは他人がコントロール出来るものではありません。

どんなに時間を掛けて、悩みに悩みぬいて決めたコーディネートでも、相手に好印象を与えられる保証はありません。

そうなると、却ってストレスが増え、虚しいものです。

こうならないためにも、他人を軸にした服選びはなるべく避けるべきです。

自分が好きな服を着て、その服装を好んでくれる人がいたならラッキー。それくらいの気持ちで、好きなようにオシャレをすればいいんです。

そして、オシャレは、服装をアピールするものではありません。

オシャレをして自信を付け、自分の内面をアピールするのが、ファッションの正しいあり方です。

ただ着ている服がオシャレなだけの人には、何の魅力もありません。

誰かに何かをアピールする目的でオシャレをしてる人がほとんどだと思う。 ファッション好きな友人にオシャレだと認めて貰いたいという気持ちだ...

ここを履き違えなければ、オシャレに悩み、落胆することもなくなります。

大好きなファッションでストレスを抱えてしまっては本末転倒。ストレスを抱えるくらいなら、オシャレなんてやめて、他の事にフォーカスした方が為になります。

不自由なくファッションを楽しみたいのなら、今すぐ他人の目を気にした服選びはやめましょう。

他人より、自分のオシャレを自分が認めてあげることが大事。そして、着ている服をアピールしないこと。

それを心掛ければ、より楽しいファッションライフを歩んでいけることでしょう。

それが本当のオシャレさんなんだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする